モッチスキンの口コミはうそか真実か!?実際に使ってその実態を探ってみた

モッチモチの伸びる泡がすごいと大人気の洗顔料、モッチスキン。
楽天の総合ランキングで初登場1位となった実績も持つ、今大注目のスキンケアアイテムです。

最近はモコモコに泡立てて洗う濃密泡洗顔が人気ですが、モッチスキンはその中でも泡の吸着力がとにかくすごいと各方面で話題になっています。
特にテレビで紹介されてからは、楽天やアマゾンでも売り切れ続出、取扱い販売店でも入手しにくい状態なのだとか。

有名モデルや俳優の中にも愛用者がいて、インスタグラムやツイッターで紹介していることもあり、使ってみたい人がどんどん増えているんですね。
そしてその人気に後押しされるように、実際に使ってみた!という人たちの口コミもどんどん増えています。

でもちょっと待ってください!
その口コミや評判て、すべて本当のことなのでしょうか?
ひょっとしたら事実と違う口コミも、中にはあるかもしれませんよね。

これはもう自分の肌で試してみるしかない、ということで、実際にモッチスキンを使ってみることにしました。
はたしてモッチスキンの使い心地はどうなのでしょうか?

検討中の方はぜひ参考にしてみてください。

Contents

モッチスキンの良い口コミ&悪い口コミ

何か興味がある商品が出てきた時に口コミをネットで探したりする人は多いと思います。商品購入前には大変役立ちますよね。モッチスキンにも良い口コミと悪い口コミがありましたので、両方紹介させていただきます。

モッチスキンの良い口コミ

38歳 女性

泡の吸着力がすごい

何か良い洗顔料はないか探していたところ、パッケージがかわいくて効果もありそうなモッチスキンに出会いました。早速その日の夜に使ってみると、プシュッとボトルから出てくる泡が濃密で、伸びもよく、肌にぬると吸着力が高くて、汚れにアプローチしている感じが伝わりました。肌へのつっぱりもなく、肌がしっとりに仕上がり、鏡をみて嬉しくなってしまいました。この泡は中々自分では作れないので重宝しています。

28歳 女性

角質が一掃できる

新しく洗顔を試してみようとモッチスキンを購入してみました。まず、泡がとっても濃厚で肌触りが良いのが気に入りました。私は夜用としてゆっくり洗顔するのが好きで、お風呂で温まった後に使うと汚れが浮きやすく、それをきれいにしてくれるので、硬くなった角質も洗い流せて、ツルツルになりました。これはやみつきになりますね!毎日の洗顔が楽しみです。

33歳 女性

泡を作るのが簡単

友人にすすめられたのがきっかけで少し前から使用しています。もうかれこれ3本目に突入するといったところですが、なんと言っても濃密な泡がすっと出てくるのがたまりません。もっちりとしていて、顔にのせた時にとても気持ちが良いです。今までこのような泡に出会ったことがなかったので、教えてくれた友人に感謝です。洗い流すとつっぱった感じもなく、肌にも潤いがきちんとあるままになっている印象です。これからもずっと愛用していきます。

27歳 女性

保湿力がある

乾燥する季節になってきたので、洗顔も保湿性の高い効果のものを購入しようと探していたら、モッチスキンを見つけました。今まで洗顔ネットを駆使しながら泡を作っていたので、簡単にできてずぼらな私にはぴったりの洗顔です。肌への負担もなく、洗い流すとピリピリすることもありません。何より、しっとりと保湿力がキープされているので、これを買ってみて本当に良かったです。またなくなったらリピートします。

29歳 女性

毛穴の奥までしっかり洗える

泡を作るのが苦手なので、簡単に作れそうなモッチスキンを購入してみました。期待していた通り泡の伸びもよく、少量でも十分顔に広げることが出来ます。私のように朝の忙しい時間にもぴったりです。気になる毛穴の汚れもしっかり落としてくれるので、黒ずみなども気にならなくなりました。面倒だった洗顔も今では楽しみな時間になっています。見た目がかわいいのも良いですよね。

モッチスキンの悪い口コミ

37歳 女性

泡が落としにくい

パッケージがかわいくて、思わず購入しました。泡立てが中々難しいので、それをしなくて良いのも魅力的だったので、早速使ってみました。泡がふわふわで、それだけでテンションがあがり、マッサージするようにして洗顔するととても気持ちよかったです。ただ、泡が立ちすぎて、洗い流すのに苦労しました。泡を作らずにすむのは良いのですが、その分顔をすすぐのに時間がかかるなという印象です。

33歳 女性

洗を出すのが大変

泡を作らなくていい洗顔を探していた時にモッチスキンを見つけました。早速その日の夜から使ってみようとボトルの上の部分を押してみたのですが、中々泡が出てこなかったです。何回か押してみても出てこなかったので、不良品なのかなと思っていると、やっと出てきました。泡はモチっとしていて、つけ心地も良かったので、もう少し簡単に出てくると良いですね。

34歳 女性

洗顔に時間がかかる

広告を見て良さそうだったモッチスキンを試してみることにしました。いつも泡を作るのに時間がかかっていたので、これはボトルから簡単に泡が出てきて、洗顔に時間がかからずにすむなぁと思っていましたが、泡が広がり過ぎて前髪についてしまって、それもすすがなければいけなくなってしまい、逆に時間がかかってしまいました。急いでいるときや、忙しい朝の時間には向いていないかもしれません。

31歳 女性

洗い上がりに個人差がある

仲良しの姉の家に遊びに行ったときにモッチスキンを愛用していると聞いて、私も早速買ってみました。きめ細かい泡が簡単に出てきて、とてもびっくりしました。姉によると洗い上がりもモチっとした肌になれるとのことでしたが、私はそう言った感じはありませんでした。洗い上がりの肌への効果は個人差があるようです。期待していただけにとても残念でした。

23歳 女性

肌への効果がわからない

周りで使っている人が多かったので私も購入してみることにしました。肌の毛穴の汚れもすっきりとれるとのことでしたが、私にはその効果が感じられませんでした。毎日使い続けてみましたが、特に変化は見られませんでした。泡が簡単にできるのは良いのですが、もう少し肌への効果があれば良かったですね。もう少しで使い切るのですが、その後はもう買わないと思います。

モッチスキンのtwitterの口コミ

https://twitter.com/yukiomiracle/status/899888811173232640

モッチスキンのインスタの口コミ

https://www.instagram.com/p/BcmrztYgUIV/?tagged=%E3%83%A2%E3%83%83%E3%83%81%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%B3

成分からみたモッチスキンの特徴は?

水、PEG-8、グリセリン、LPG、ステアリン酸グリセリル(SE)、ココイルグルタミン酸TEA、コカミドDEA、コカミドプロピルベタイン、ココイルメチルタウリンNa、ポリアクリル酸Na、メチルプロパンジオール、塩化Na、エチルヘキシルグリセリン、カプリルヒドロキサム酸、二酸化炭素、パパイン、マルトデキストリン、水添ハチミツ、海シルト、スクワラン(サトウキビ由来)、アルガニアスピノサ核油、ベヘニルアルコール、ペンタステアリン酸ポリグリセリル-10、ステアロイル乳酸Na、セラミドNP、フィトスフィンゴシン、セラミドNG、セラミドAP、ヒアルロン酸Na、バオバブ種子油、トコフェロール

 

コカミドプロピルベタイン

これは両性界面活性剤で、いわゆる洗浄成分です。刺激も少なく、他の成分の刺激も緩めてくれる働きがあるので、赤ちゃんのシャンプーにも使われています。誤って目に入ってもしみない程、低刺激なのです。

ココイルメチルタウリンNa

ここ入るメチルタウリンも洗浄成分で、優れた洗浄力と低刺激という特徴があります。また、起泡性を有するので、きめ細かな泡を作り出すのにとても役立ちます。

海シルト

海シルトはマリンシルトととも呼ばれ、主に沖縄の海で採取されています。粒子が細かくてミネラルが非常に豊富です。吸着力が優れているので、毛穴の汚れをとるのに、顔用のパックや洗顔料に使われています。

モッチスキンの原材料(成分)の安全性・副作用について

お肌に直接使うものだけに、スキンケアコスメの成分や副作用について気をつかっているという人も、多いのではないでしょうか。
洗顔料であるモッチスキンについても、いくら洗い流すものだからとはいえ毎日顔に使うものですから、やはり気になりますよね。

まずはモッチスキンの原材料から見て行きましょう。
モッチスキンに使われているのは、マリンシルトというクレイ(泥)とパパイン酵素、保湿成分としてのはちみつ、アルガンオイルとオーガニックのバオバブオイルです。

お肌に悪い影響のある着色料や、合成香料は使っていませんし、肌に優しい安全性が高い成分のみを使用しています。
クレイや酵素、オイル、はちみつなどは自然界にある天然成分ですから、副作用の心配はあまり無いと考えて良さそうです。

実際に使用した人の口コミを見ても、モッチスキンで肌が荒れたなどの感想は見つかりませんでした。
ただし、はちみつや酵素にアレルギーがある人や、これまで酵素系の洗顔が合わなかったという人は、顔に使う前にパッチテストをおすすめします。
また極度の敏感肌の人や、アトピーで肌のバリア機能が弱くなっている人は、使用を見合わせた方がいいかもしれません。

モッチスキンと他のスキンケア商品の違いって?

モッチスキンの特徴は、なんといっても簡単にはへたらないモッチモチの泡の吸着力です。
他社製品と比べても泡の吸着力は段違いで、伸縮性や吸着性の実験でもはっきりとその違いが現れています。

しかも最初から泡で出てくるので、他の洗顔料のように自分で泡を作る必要がありません。
この手間と時間の差は大きいですよね。

モッチスキンの特徴であるバツグンの吸着力のもとは、マリンシルトというとても貴重なクレイ(泥)で、このマリンシルトは、沖縄の特定の地域の海底にしか存在しません。
大量のマイナスイオンを含んでいるので、優れた吸着性を持っています。
さらに超微粒子の泥なので、毛穴の奥までしっかり届いて汚れを吸着してくれるんです。

このマリンシルトとともに配合されているのが、マイルドに汚れを落とすことで定評があるパパイン酵素です。
酵素とモチモチの泡のダブルのパワーで、なかなか落とせないタンパク汚れや毛穴の奥の黒ずみまで、しっかりと絡め取ってくれます。

酵素が汚れを除去すると聞くと、お肌が荒れてしまうのでは?と不安になるかもしれませんが、パパイン酵素が除去するのは、不必要な汚れの成分のみです。
だからお肌に余分な負担がかかることはありません。

その上美容液成分やはちみつ、レアオイルの保湿力で、洗い上がりはしっとりプルプルの肌に。
これで1回たったの30円というコスパの良さも、モッチスキンの人気の理由になっているみたいです。

モッチスキンの口コミが本当なのか実際に体験してみました。

モッチスキンのいろいろな口コミを見てみると、モチモチの泡が気持ち良いだけでなく、肌がワントーン明るくなったとか、毛穴の汚れもスッキリ落ちて鼻のブツブツが気にならなくなったなどの高評価がたくさんあります。
でもその反対に、評価の良くない口コミもありました。

これは自分でも使ってみて、その真相を探るしかありません。
ということで、モッチスキンの口コミは本当なのか!?を確かめるために、早速私も購入して試してみましたよ。

モッチスキンの良かった点

手間いらずで気持ち良い泡ができる

口コミで一番目についたのが、泡に関する内容でした。
プッシュするだけでモチモチの泡が出てくるというのが、モッチスキンの大きなセールスポイントですから、それも当然ですよね。

本当にそんなに気持ちの良い泡が出てくるの?と興味津々だったのですが、これは評価の分かれるところなのがわかります。
泡洗顔というと、クリーミーでホイップのような感じを想像しますが、モッチスキンはそれよりもずっと粘度が高い感じ。
粘着性が高くて、ほわほわっという軽いテクスチャーではありません。

泡は少し押しても簡単につぶれませんし、モコモコしていて肌の上を転がせる感じが私は気にいりました。
これだけの泡を作るためには、普通の洗顔ならかなりの時間をかけて丁寧に丁寧に泡立てなければならないので、せっかちで根気のない私には大変な作業・・・というよりはほぼ無理です。

こんなに簡単に手間いらずで、気持ちの良い泡で洗顔できるだけでも、私の中ではポイント高し!です。

洗い上がりの肌がしっとり

洗い上がりの肌の感触は、思ったよりもしっとりして潤いもあるし、つっぱらないのが驚きでした。

泡は肌に吸い付くくらいに密着するので、汚れも本当に絡め取ってくれるんだなと感じましたが、同時に潤い成分まで取ってしまわないか、本当は心配だったんです。

口コミでは化粧水をつけるのを忘れるくらいしっとり、という声も多くありましたが、私自身はどちらかというと肌が乾燥しやすいので、それは無理だろうなと思っていました。
実際には化粧水を忘れるくらい、とまでは行かなかったものの、これまで使っていた洗顔との差は感じました。

敏感肌の人でも使えるという評価は、大げさではないかもしれません。
洗顔なのにヒアルロン酸やセラミドなどの美容成分が配合されていて、アルガンオイルやはちみつも入っているので、肌が保湿されているのでしょうね。

それに泡の弾力がすごいので、肌への摩擦が少ないのも良いのかなと思っています。
洗顔後のローションが、これまでよりもしっかり浸透するような気がするのもうれしい変化です。

肌のトーンが明るくなる

モッチスキンで1回顔を洗っただけで肌がワントーン明るくなった、という口コミが気になったので、最初に変化がわかりやすい手の甲で試してみました。

左右の差を確認できるように、右手の甲は洗わず左手の甲だけを泡でコロコロと洗い、よくすすいでみたところ、気のせいかもしれませんが、やや明るくなっていたのはびっくり。
それからは洗顔の最後に残った泡で手の甲もコロコロしています。

私は元々色白の方なので、それほど顔がパッと明るくなったという感じはまだありませんが、気になっていた鼻のポツポツや、毛穴の汚れが少しずつ改善しています。
また指や手のひらで触ったときの肌触りも、しっとりと良くなってきていますし、肌トラブルもありません。

季節の変わり目には肌が不安定になりやすく、吹き出物が出来たり、肌がカサカサになったりして憂鬱になるのですが、モッチスキンで毎日洗顔を続けていたら、そんな時期も肌ストレスをうまく乗り切れるかなと期待しています。

モッチスキンの残念だった点

泡を落とすのに時間がかかる

モッチスキンの評価が良くない口コミの中で特に目立っていたのが、泡を落とすのが大変だということです。

確かに泡を転がして洗っている間は気持ち良いのですが、かなりしっかりと泡が伸びて吸着しているので、洗い流すのには何度も繰り返してすすがなければなりません。
私の感覚ではこれまでの洗顔料の3倍くらい時間がかかるという印象です。

でもこれは裏を返すとそれだけ泡が落ちないということですから、毛穴の奥の汚れまでしっかり絡め取る、というのにも納得できます。
ただしこれだけ時間がかかると、忙しい朝には使うのが少し難しいです。
それに洗面台でそれだけ丁寧に顔をすすぐのは、けっこう大変ですし、下手をすると周囲が水浸しになってしまいます。

口コミでも何人かの方が書いていましたが、私も夜の入浴の時に浴室で使っています。
汚れを落としてくれる力が強いので、夜だけの使用でも十分かなと個人的には思っています。
あとすすぎの回数が多いので、温度に気をつけないと、肌に必要な皮脂までとれてしまう恐れがありますね。

扱い方に注意が必要

モッチスキンは泡がそのままシューっと出て来るのが魅力の一つなのですが、それがなかなか上手くいかない時があると、少しイラッとします。
正しい使い方をしていない自分が悪いのかもしれなかったのですが。

スムーズに泡を出すには、まず缶を上下に振ってから、まっすぐに立てた状態でスプレー部分を押すことです。
そしてプッシュ部分のくぼみに沿って、人差し指を並行に乗せて押すというのが重要なポイントになります。

口コミには指の力が足りないから上手く泡が出せないというような書き込みもありましたが、押す位置がずれていたり、指の起き方が違っているのかもしれませんね。

あとは浴室に置きっぱなしにできないのが、少々面倒です。
モッチスキンは製品の仕様上、40度以上に加熱されると、缶が爆発してしまう可能性があるそうです。

ちょっとした手間でしかないのですが、お風呂に入るたびに顔を洗おうとしてからはっ!として洗面台までモッチスキンを取りに戻るのが、結構面倒だったりします。
これはモッチスキンの問題というよりは、自分の性格の問題ですね。

定期コースだと余ってしまうかも

これは残念な点というよりは、完全に自分の都合なのですが、このままのペースだと完全にモッチスキンが私の家で余剰在庫になっていきます。
というのも、公式サイトからオトクな定期便で購入したので、2ヶ月に1回2本のモッチスキンが届くことになるんです。

1本で60回分使えるので、1日に朝と夜の2回使っていればちょうど使い切るのですが、私は夜1回しか使っていません。
ということは、1本あれば2ヶ月もってしまうということになります。
購入の回数が減るのは、お財布のことを考えるとうれしいことなんですが、どんどん余ってしまうのも困りますよね。

でも1番お得に買える定期便はやはり利用したいので、1本を友人にプレゼントすることにしました。
1人で使いきれないと思ったら、家族や友だちと一緒に買えば良いですよね。

またそれが無理でも、もし余ってきたなと思ったら、モッチスキンならいつでも休止や解約が簡単にできるので、自分のペースで続けられると思います。
たった1回の利用でも解約できるので、その点は安心ですね。

モッチスキンを体験し口コミと重ねて思った事

いつまでも10代の頃のような、若々しくてハリのあるピチピチ素肌でいられたら、どんなに素晴らしいことでしょう。
でも肌は年齢を重ねるごとに変化していきます。
悲しいけれど、これは現実なのです。

私も肌に足りなくなった成分を補ったり、潤いを与えるために高い美容液やクリームを使うなど、どうしても足し算するスキンケアに走ってしまいがちでした。
でも本当はしっかりと汚れを落とす洗顔が、全ての基本なんだなと実感しています。

モッチスキンは、すっきりとキレイに肌や毛穴に残った汚れや皮脂、角質などを取り除いてくれる上に、必要な皮脂を取りすぎたりしません。
保湿成分や美容成分も入っているからでしょうか、洗い上がりの肌も本当にしっとりしているんです。

そして使うほどに肌が明るく、キメが整っていくような気がしています。
くすみや毛穴の開きが目立つ肌では、どんなにカバー力の高いファンデーションを使ったところで、限界がありますよね。
でも素肌がキレイに整っていれば、厚塗りメイクでごまかす必要もありません。

これまで毛穴に詰まった汚れを取るために、パックを使ったりスクラブ洗顔をしたこともあるのですが、それだとどうしても肌が乾燥してカサカサになってしまいました。
でもモッチスキンを使っていれば、そんな必要も、もうないと思うと本当にうれしいです。

美しい肌を作る土台となるスキンケアが洗顔です。
正しい洗顔で清浄になった肌には、そのあとにつける化粧品もグングン浸透して、より効果を発揮すると聞きました。
モッチスキンとは長いおつき合いになりそうです。

モッチスキンはAmazon・楽天・公式ページのどこで購入するのが一番お得?

販売サイト 最安値相場 条件
公式ページ モッチスキン 1,800円(税別) 送料別
楽天 モッチスキン 1,800円(税別) 送料別
amazon モッチスキン 1,780円(税別) 送料別

公式サイトでは2本や3本などのまとめ買いをするとお得な料金になることや送料無料などの特典があります。期間限定でやっているようなので、購入の前に公式サイトをチェックしてみると良いかもしれません。

モッチスキンはこんな人におすすめ

  • 泡を作るのが面倒
  • 保湿性の高い洗顔を探している
  • 毛穴をすっきり掃除したい
  • 洗顔後も潤いをキープさせたい
  • 洗顔してもつっぱらないものが良い

モッチスキンはきめ細かくて濃密な泡がワンプッシュで出てくる洗顔フォームなので、泡を作るのに苦労している方やもっともちっとした泡を作りたいと思っている方に適した商品です。泡ののびが良く、顔に吸着しやすいので、毛穴へのアプローチにでき、しっかり汚れを落とすことができます。また、洗い上がりがしっとりしているので、洗顔後のつっぱった感じが苦手な方にもおすすめです。モッチスキンには潤いをキープさせるものや保湿効果をもたらす成分が含まれているので、そういった洗顔料を探している方にも合っていると言えます。

モッチスキンはこんな人におすすめできない

  • 肌がとても弱い
  • アレルギーがある
  • 傷やはれもの、湿疹などがある

モッチスキンは肌に負担のない安全性の高い成分で作られていますが、とても肌が弱く、心配な方は無理に使用しないでください。また、使用前に皮膚科の専門医に相談してみるのも良いと思います。また、アレルギーのある方も気になるようでしたら使用をお控えください。肌に傷があったり、はれものがあったりする場合も、悪化してしまう可能性がありますので、使用しない方が良いでしょう。

モッチスキンの詳細

商品名 モッチスキン
容量 1本(150g)
料金 1,800円(税抜)
返金保障 あり

高評価の口コミが多いモッチスキンですが、実際に自分で使ってみた結果、口コミはやはり本当だったというのが、私の結論です。

もちろんあの泡が嫌い、という人もたくさんいます。
トルコアイスだとか、納豆だとか、言われてみれば似てる!と笑ってしまうのですが、ヌルヌルした感触が好きになれない人も多いみたいですね。

でも反対に、あのしっかりと肌に吸い付く感じが、すっかりやみつきになった人もたくさんいるはずです。
人それぞれ好みがあって当然なので、口コミはどちらも当たっていると言っていいでしょう。

それ以上に口コミが本当だなと思ったのは、肌の状態が日ごとに良くなっていくことです。
くすみも毛穴の中に詰まった汚れも、毎日モッチスキンで洗顔しているだけですっきりオフされて、クリアで明るい顔に変わっていきます。

素肌が輝いていればメイクも楽しくなりますし、気分も上がって毎日が楽しくなりますよね。
これからもモッチスキンを使って、いつまでもキレイな肌でいたいなと思っています。

試してみたい方はぜひご自身で確かめてみてください。