ワキガと汗臭いのと、何か違いますか

ワキガのにおい

ワキガも汗臭いにおいも、同じ汗が原因ですが、普通の汗はエクリン汗腺からでます。
エクリン汗腺から出る汗は、ほとんどが水分で、ほんの少しの塩分と乳酸が入っているだけなので、どっとかいてもちょっと臭うだけですが、ワキガはアポクリン汗腺から出る汗のために、独特の臭いになるのです。

アポクリン汗腺から出る汗が、なぜあのようなツンとした匂いになるのでしょう。
アポクリン汗腺から出る汗は、白い乳白色の色をしていて、脂質とタンパク質などの成分が豊富に含まれています。ただ、その汗自体は臭いませんが、その汗を脇の下や、腋毛の中に常住している雑菌が分解することによって、ワキガの臭いになります。

腋毛が濃い人は、ワキガの人が多いと言われるのも、濃くて多い腋毛が、汗をためてしまい、きつい臭いを出すようです。

アポクリン汗腺は、遺伝的要素が大きく、両親がワキガだと子供はほとんどワキガになります。
アポクリン汗腺が元々少ない人は、ワキガにならない人が多く、この汗腺の数は、生まれつきなもので、多い人はよりきつい臭いになります。

アポクリン汗腺の汗は、普通の汗と違った臭いがあります。脂質やたんぱく質を分解した匂いですね。
欧米人にワキガが多いのも、肉食中心のため動物臭というか、あの強い臭いになるのです。

欧米の食生活

汗臭いにおい

普通にかく汗は、エクリン汗腺からでる汗です。この汗腺から出る汗はほとんど水分で、その汗自体は臭いません。ただ、運動したときとか、熱くてどっと出る汗には、汗と一緒に古い皮脂と角質が流れでるので、それを雑菌が分解して、汗臭いにおいになります。

このように、ワキガのにおいとは全然違った臭いなのです。
ただの汗臭いにおいは、酸っぱいような臭いとか雑巾の臭いとか、いわれていますが、辛いものを食べて出る汗やびっくりしたり、緊張するとでる汗は、エクリン汗腺からでる汗で、皆さんが普通にかく汗なので臭いはありません。

ワキガのにおいと普通にかく汗の違いは、汗腺の違いによるもので、ワキガの人はアポクリン汗腺が多いということになります。

他人から言われて初めて気が付くということもあり、自分はどっちかなと思ったら、親がワキガかどうかが判れば、判断できますね。その他の方法では、耳垢が柔らかいかでも判断できます。

外耳道には、エクリン汗腺はありません。耳垢が湿っていると、アポクリン汗腺が出ていると判断できるのです。