女性ホルモンのバランスが悪いと体臭がする?

女性にはさまざまな理由で体臭が発生します。生理中、更年期の女性ホルモンの影響や貧血、さらにはダイエットによっても体臭が匂うようになります。
女性ホルモンによる体臭について、主に2つの原因があります。

生理中や生理前後の臭い

生理前後には、女性ホルモンのバランスが崩れやすく、いつもの汗も気になる臭いになります。
生理が始まって排卵日までには卵胞ホルモンが盛んになって、分泌量が増えていきます。

排卵日から今度は黄体ホルモンが盛んに出るようになり、次の生理まで続きます。
その頃になると、免疫力の低下や身体の酸化がすすみ、脂肪酸が生まれるようになり、体臭がきつくなるのです。脂肪酸が汗と一緒に体外に出る時、皮膚の常住菌が分解するようになり、体臭が出てきます。

女性ホルモンは汗腺をコントロールして、皮脂腺の分泌が正常になるよう働いています。生理前は皮脂の分泌が活発になるので、皮脂が詰まりやすくなってしまいます。詰まると酸化して臭ってきます。
特に生理中はナプキンで蒸れやすく、外陰部に汗をかくと雑菌が繁殖して生理特有の臭いがきつくなります。臭い対策としてナプキン、タンポンをこまめに取り換えて雑菌が増えないようにすることです。

更年期の体臭

ホルモンバランスの崩れによる体臭

体臭というと男性の事と思いがちですが、女性もホルモンが低下してくる40歳代ごろから、更年期による体臭が出てきます。よく言われる加齢臭です。
更年期で皆さんが一番経験するのは、カーッと身体が熱くなるホットフラッシュですね。

真冬でも身体がほてり、下着一枚で過ごしたくなります。長くは続きませんが突然、のぼせたり、汗がどっと出たり、身体全体がほてってしまう現象です。
女性ホルモンは臭いを抑える働きがありますが、更年期になると自律神経の失調によって、ホルモンバランスが崩れ、汗がアンモニア臭くなり体臭が気になってきます。この時の汗は、濃度が濃くなり、粘っこい汗になり、蒸発もうまくいかず体臭として残ってしまうのです。

また、ミドル脂臭といって、首の後ろから男性によくある腐った油のようなにおいが出てきます。
原因は汗から出る乳酸によって臭うので、まず乳酸を少なくする方法をとりましょう。

女性ホルモンによる体臭は、やはり、適度の運動をし、新陳代謝を促して、血行を良くすることが一番です。豆腐や納豆などの大豆製品は、イソフラホンが女性ホルモンの働きをするので、積極的に摂るようにしましょう。