ワキガ手術ってどんな感じ?徹底分析

ワキガ手術

ワキガの超音波吸引法の手術

ワキガの手術は、痛い、怖い、大変というイメージがありますね。この超音波法は最新の医療機器を使っているということですが、どんな方法の手術なのでしょうか。

ワキガにはいくつかの手術方法がありますが、皮下脂肪吸引法を改良した手術です。
超音波法は、脇の目立たない部分に数ミリの穴をあけ、そこに超音波器を差し込んで、超音波を発生させます。
汗腺が超音波を受けることによって破壊していきます。破壊された汗腺を吸引して臭いの元になる汗腺を取り除いていきます。

こちらの記事もよく読まれています

超音波法は、汗腺に振動を与えることによって臭いの元になっているアポクリン汗腺を壊し、壊された汗腺を超音波によって吸引していきます。

超音波は熱によって破壊していくので、やけどの可能性があるため、生理食塩水をメスの先端からミスト状に吹きかけるようにして、やけどしないように温度を保っていきます。

細いメス上の先端から、超音波を発生させて熱でアポクリン汗腺を処理していくので、傷の治りも早く、傷跡も目立たなくなっています。

アポクリン汗腺の他に、エクリン汗腺、皮脂腺も同時に破壊して吸引していくので、汗も出にくくなって、傷跡もほとんど目立たず、最新式の方法です。

こちらの記事もよく読まれています

ワキガ手術の超音波吸引法のデメリット

メスを差し込んで吸引する方法は、直視下剥離法と違って、目でアポクリン汗腺を見ながら、剥離していくわけではないので、アポクリン汗腺がほとんど取れていなかったという報告もあります。

完全に臭いを摂ることは不可能なので、ある程度の臭いを抑えたいのなら、吸引法でいいでしょう。術後も痛みがほとんどなく、従来型の身体への負担も少ないからです。

ワキガの手術は、それぞれの方法にメリット、デメリットがあり、医師の経験や腕に左右されることが大きい手術といわれています。ワキガ手術で失敗した例も多くあり、慎重に考えた方が良いようです。

超音波吸引法は、従来の手術より、身体への負担も少なく、術後のケアも簡単です。
しかし、再発した例も見られ、すべてのアポクリン汗腺を取り除くのは、現時点では難しいということです。その他にやけど、水泡や皮膚壊死などの合併症も起きた場合があります。

メリットとしては、身体への負担が少なく、術後もケアの心配がほとんどなく、すぐに普段の生活に戻れます。完全に臭いが取れなくとも、体質改善などで効果が出ている人には、超音波吸引法は、良い方法かもしれませんね。
何といってもワキガ手術は、身体に傷をつけるのですから、慎重に考えていくことです。

ワキガ手術のメリット・デメリット

ワキガ手術で合併症はおきるのでしょうか。

ワキガの手術は、皮膚を切開して行われるので、何らかの合併症がある場合があります。

こちらの記事もよく読まれています

ワキガの手術中より術後に出血・血腫

どんな手術でも、出血があるのは普通です。手術中より術後に、不自由な体制で何日か過ごさなければいけないので、なかなか安静を保つのが難しく、つい動かして出血することが多くあります。

出血自体は、その後の適切な処置を行なえば問題ありませんが、出血が思ったより多いと、皮膚の内部に溜まってしまい、それが血腫となってしまいます。

血腫の問題は、皮膚が細菌感染すると、治りが遅くなってしまいます。また、壊死を起こしてしまう事もあるので、十分な注意が必要です。できるだけ安静にするのが早く回復することになります。

化膿する

ワキガの手術の際、脇の毛を抜きますが、抜いた毛穴から細菌が入って化膿してしまう事があります。細菌が入ってしまうと皮膚の内部に膿が溜まってしまい、皮膚に色々な問題を起こしてしまいます。

予防としては、手術後は脇の下に汗をかかないよう注意し、しばらくは汗をびっしょりかくような運動を控え、入浴時も創部をぬらさないように気を付けましょう。

ワキガ手術によりしびれるが出る場合も

ワキガ手術のあと、軽いしびれを感じたりすることがあります。手術で汗腺を取るときに知覚神経も一緒に取ってしまうので、しびれる他に違和感やチクチクすることがあります
が、数カ月で回復することが多く、長くても1年以内に元に戻ります。

ワキガ手術のやり方にもよりますが、傷跡が残る

ワキガの傷跡は、最悪の場合ケロイド症になることがありますが、体質との関係が深いので、普通では白い痕になってだんだんと目立たなくなっていきます。
ケロイド症や肥厚性瘢痕の人は、事前に医師と相談することです。ワキガの手術での傷跡が盛り上がってきたり、痛みやかゆみがある場合は、医師に相談して、適切な処置をする必要があります。

わきが黒ずむ(色素が残る)

色素沈着は、ワキガ手術後一時的におこります。皮膚を薄く削ることによってメラニン色素が出るのは、仕方ないことですね。その内に薄くなっていくので心配はいりませんが、濃く残ってしまった場合は、軟膏や薬で治します。もともとしみ、ソバカスが出来やすい人は、色素の沈着が濃くなる傾向があります。

脇は皮膚が薄いのでしわができる

もともと脇の下には、しわはある程度ありますね。ワキガの手術で皮膚は薄くなってしまうので、しわは出来ますが手術後は皮膚も硬くなっているので、なるべく皮膚を伸ばすようにしていると、気にならないようになります。

術後の合併症は色々ありますが、術後の注意さえ守れば、心配するようなことにはならないといわれています。

こちらの記事もよく読まれています

ワキガ手術をする前にこちらのワキガ対策法をまずは試してみてはいかがでしょうか? 医師が教えるワキガ⇨